タイトルイメージ 本文へジャンプ
メールマガジン 「サラリーマン・OLのための副業のススメ」

※ 現在、メールマガジンの発行を停止しています。

誰も気付かなかった、サラリーマン、OLのための確実な実質収入獲得法
メールマガジンのバックナンバー(会員用メンバーページ)
第7号 セミナー(11月29日横浜にて開催)の報告


『サラリーマン、OLのための副業のススメ 』では、

会社員のあなた自身が、実質的な収入を確実に獲得することができるよう、

有用な情報を提供してまいります。


今日からあなたも、週末社長に変身です!



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今までの内容

1.始めに(誰も気付かなかった、サラリーマン、OLのための確実な実質収入獲得法について)

2.サラリーマン、OLの副業のメリットとは?

3.サラリーマン、OLの副業のリスク、デメリットとは?

4.本業と副業 ‐ 副業に何をするのか?

5.副業のいくつかのパターン

6.自分に合った副業のヒント

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



こんにちは。『サラリーマン、OLのための副業のススメ 』 の著者、

「副業・起業支援コンサルタント」のエス・アイ・エム、佐藤義規です。


すっかりご無沙汰してしまいました。


さて、先日11月29日(木)に横浜でセミナーを開催しました。

『今さら聞けないホームページの基礎』と題して、 ホームページやブログを使って、

サラリーマンやOLが実質収入をどのように上げるかというテーマで2時間話してきました。


セミナーの紹介文は以下の通りです。

------------------------------------------------------------------------
『今さら聞けないホームページの基礎』

インターネットや携帯電話のネットアクセスが普通のことになった今、

日々当たり前のようにホームページやブログを目にしていると思います。

何かについて調べる時、図書館や百科事典よりもインターネットでの検索をしていませんか?

インターネット上の情報は、企業や官庁、団体、個人などの

ホームページに書かれた情報です。(ブログもホームページの一種です。)

ホームページを作るのは大変そう、どうやって作るのか分からない、

今さら初歩的なことは聞き難い、お金がかかりそう…、そんな心配は無用です。

今回のセミナーでは、ホームページやブログの作り方、

運営管理の仕方について、分かり易く解説します。

また、効果的なホームページやブログの運営を行うことで、

それらを活用した副収入の稼ぎ方(アフェリエイトなど)についてもお話します。

お金をかけてホームページを作るのではなく、

お金をかけずにホームページやブログで

自分の趣味や興味に関する情報を発信し、最終的には収入までも手に入れる。

会社勤めをしながら、副収入を獲得するノウハウについてもお話したいと思います。
------------------------------------------------------------------------

セミナーの資料をホームページに掲載しましたので、よろしければご覧ください。

http://simconsul.web.fc2.com/seminor/11-29-2007/index.html

(トップページからは、パスワードが必要になりますので、↑のURLからお入りください。)



さて、前回は自分に合った副業のヒントとして、以下の4つをご紹介しました。


その1.インターネット・オークション

その2.アフェリエイト広告やポイントサイトの活用

その3.ドロップシップ販売

その4.アンケートで稼ぐ


詳しくは、今後のメルマガで説明していきたいと思いますが、

今日は、昨日のセミナーで感じたことを書きたいと思います。


セミナーの参加者からは、様々な質問を受けました。

感じたのは、やはり一般的なサラリーマンやOLにとって、

本業をしながら別の仕事をするのは、難しいと思い込んでいるということです。

しかしながら、みんな強い関心は持っているんですね。

機会があれば自分もという思いは抱えているということです。

ただ、きっかけが掴めない、何をやっていいのかわからない、

そんな人が多いと改めて感じた次第です。


私のメルマガやホームページが、そういった人達の夢の実現の一助になればと思っています。

昨夜は、真剣な質問が多く、参加者の方の熱心さが

ダイレクトに伝わってきたセミナーでした。

また、近いうちに同様のセミナーをやってみたいと思っています。


それでは、また次号でお会いしましょう。


   
inserted by FC2 system